2011年07月21日

2ヶ月後の被災地 東松島市内(2)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 市内にあるスーパーの牛乳コーナーでは、

 義援金付きの牛乳が一番に売り切れていた。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター       


Posted by 朝倉2号 at 05:19Comments(0)東日本大震災

2011年07月20日

2ヶ月後の被災地 東松島市内(1)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 航空自衛隊のアクロバットチーム“ブルーインパルス”の地元は東松島市。

 震災時は偶然福岡にいて被災を免れた。

 5月18日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター     


Posted by 朝倉2号 at 05:48Comments(0)東日本大震災

2011年07月19日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(19)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 野蒜出張所、宮戸交付所は被災したため閉鎖され、

 職員さんは鳴瀬総合支所で業務を行っていた。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター   


Posted by 朝倉2号 at 22:02Comments(0)東日本大震災

2011年07月18日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(18)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 市役所鳴瀬総合支所の入口には、

 緊急時に無料で飲料を提供する自動販売機が設置されている。

 今回の震災の際には活躍したのではないだろうか。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター     


Posted by 朝倉2号 at 13:46Comments(0)東日本大震災

2011年07月17日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(17)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 市役所鳴瀬総合支所の受付前には、

 香川県から贈られたメッセージ付きの折り紙が飾られていた。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター      


Posted by 朝倉2号 at 07:31Comments(0)東日本大震災

2011年07月16日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(16)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 被災した野蒜小学校は市役所鳴瀬総合支所に間借りし、

 会議室や研修室を教室にして授業を再開している。

 
 秋に向けて仮校舎建設が計画されるとともに、

 中小一貫校創設など将来構想が検討されているという。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター      


Posted by 朝倉2号 at 08:32Comments(0)東日本大震災

2011年07月15日

ひさしぶり~。



 昨夜は東松島市に行った仲間とひさしぶりに会ってお酒のみ。

 しかも、でてきたのが宮城のお酒“浦霞”。

 わざわざ幹事さんが用意してくれました。

 こいつには大感激です~。

 ともに頑張った仲間と、ワイワイいいながら飲む浦霞。

 あんまり嬉しくて、ついつい飲み過ぎ前後不覚に。

 というわけで、今日は二日酔いです。

 いやいや申し訳ないw  


Posted by 朝倉2号 at 06:00Comments(0)東日本大震災

2011年07月14日

明日まで。「東日本大震災被災地への支援報告展」



 福岡県では地震発生直後から医師団や警察、行政支援チームなどにより

 被災地への支援を行っています。

 その支援の様子や被災地の現状について、

 県庁1階ロビーで展示中です。

 お近くの方はぜひご覧下さい。



 <東日本大震災被災地への支援報告展>

  期間/平成23年6月16日(木)~7月15日(金) ※土日は休み

  時間/8時30分~17時45分

  場所/福岡県庁行政棟1階ロビー(東南角)

  内容/東松島市の子どもたちからの感謝の寄せ書き

       県民の皆さまからの義援金、救援物資についての紹介

       職員派遣、避難者受け入れの状況     


Posted by 朝倉2号 at 05:30Comments(0)東日本大震災

2011年07月13日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(15)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 被災した野蒜小学校は市役所鳴瀬総合支所に間借りし、

 会議室や研修室を教室にして授業を再開している。

 
 廊下には「がんばろう野蒜小」と書かれた標語が掲示されていた。

 学ぶ環境は厳しいながらも、

 子どもたちは本当にがんばっている。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター       


Posted by 朝倉2号 at 05:51Comments(0)東日本大震災

2011年07月12日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(14)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 被災した野蒜小学校は市役所鳴瀬総合支所に間借りし、

 会議室や研修室を教室にして授業を再開している。

 
 この日は授業参観。

 元気に授業を受ける子どもたちを、嬉しそうに父兄が見守っていた。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター      


Posted by 朝倉2号 at 05:50Comments(0)東日本大震災

2011年07月11日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(13)




 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 被災した野蒜小学校は市役所鳴瀬総合支所に間借りして、授業を再開している。

 職員室は元鳴瀬町議会室。

 段差のある部屋が使いにくそう。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター    


Posted by 朝倉2号 at 05:44Comments(0)東日本大震災

2011年07月10日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(12)




 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 被災した野蒜小学校は市役所鳴瀬総合支所に間借りして、授業を再開している。

 その廊下には千葉県浦安市立北部小学校から贈られた

 “みんないっしょ つながってるよ メッセージ”が張りだされていた。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター    


Posted by 朝倉2号 at 07:26Comments(0)東日本大震災

2011年07月09日

11日から絆ポロシャツ発売開始



 こないだご紹介した東松島復興「絆」ポロシャツが、

 来週月曜日(11日)から発売されることになりました。

  ※東松島市のウェブサイトは → コチラ


 販売元は東松島市観光物産協会

 販売価格の2500円は「ふ(2)っこ(5)ー」価格( オヤジギャグ OTL )で、

 経費との差額は復興のための寄付金になります。

 デザインもなかなかカッコいいし、こいつは売れるんじゃない?





 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター   


Posted by 朝倉2号 at 05:47Comments(0)東日本大震災

2011年07月08日

元気そうでなによりです。



 東松島市の野蒜小学校は津波に襲われ、

 現在は市役所鳴瀬総合支所に間借りして授業をしています。

 福岡に戻ってから1ヶ月半、

 子どもたちがどうしているのか心配でしたが、

 同小学校のウェブサイトに集合写真とともに、

 「元気です」の記事が掲載されました。

 ちょっこっと安心。

 ※野蒜小学校のウェブサイトは → コチラ



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター  


Posted by 朝倉2号 at 05:38Comments(0)東日本大震災

2011年07月07日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(11)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 自衛隊や自治体などの公的機関だけでなく、

 多くの民間企業も復興支援に参加している。

 5月21日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター  


Posted by 朝倉2号 at 05:45Comments(0)東日本大震災

2011年07月06日

十五番山笠はねぶた付き



 キャナルシティ博多の飾り山には、

 東北地方を代表するお祭り「ねぶた」の山車灯籠が飾られています。

 これは、東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方へエールを送るためのもの。

 青森県五所川原市出身のアーティスト

 三上真輝さんが作ったでっかい素盞嗚(すさのお)大神が、

 飾り山のサイドに飾られています。

  ※西日本新聞の記事は → コチラ


 博多の元気が少しでも被災地に届くといいですね。

  


Posted by 朝倉2号 at 05:46Comments(0)東日本大震災

2011年07月05日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(10)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 家屋が被災したことを証明する罹災証明書は

 行政からのさまざまな支援を受けるために必要となる。

 多くの方が申請し、受け取りにこられた。

 5月20日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター    


Posted by 朝倉2号 at 05:48Comments(0)東日本大震災

2011年07月04日

2ヶ月後の被災地 東松島市役所(9)



 津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市

 東松島市役所鳴瀬支所には

 連絡のつかない生徒への呼びかけチラシが張り出されていた。

 5月20日撮影。



 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金のお申し込みはコチラ → 東松島市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 東松島市災害ボランティアセンター  


Posted by 朝倉2号 at 05:34Comments(0)東日本大震災

2011年07月03日

東日本大震災被災地への支援報告展



 福岡県では地震発生直後から医師団や警察、行政支援チームなどにより

 被災地への支援を行っています。

 その支援の様子や被災地の現状について、

 県庁1階ロビーで展示中です。

 お近くの方はぜひご覧下さい。



 <東日本大震災被災地への支援報告展>

  期間/平成23年6月16日(木)~7月15日(金) ※土日は休み

  時間/8時30分~17時45分

  場所/福岡県庁行政棟1階ロビー(東南角)

  内容/東松島市の子どもたちからの感謝の寄せ書き

       県民の皆さまからの義援金、救援物資についての紹介

       職員派遣、避難者受け入れの状況   


Posted by 朝倉2号 at 06:28Comments(0)東日本大震災

2011年07月02日

2ヶ月後の被災地 石巻市(8)



 津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市

 貨物列車の入れ替えを行うディーゼル機関車も被災し、

 運転席の屋根などいたるところが壊れていた。
 

 5月18日撮影。




 被災地には、息の長い支援が必要です。

 ご協力をよろしくお願いします。

 ※義援金・寄付金の申し込みはコチラ → 石巻市役所

 ※ボランティアの申し込みはコチラ → 石巻市災害ボランティアセンター     


Posted by 朝倉2号 at 06:32Comments(0)東日本大震災