2017年03月18日

柳川の筑後中部魚市場でセリ見学!



 今日は早朝から子どもと一緒にお出かけしてきました。

 お出かけ先は柳川市にある筑後中部魚市場。

 水郷柳川ゆるり旅のプログラム「魚市場セリ見学&食堂で朝ごはん」に参加してきたのです。

  ※水郷柳川ゆるり旅の公式サイトは → コチラ

  ※水郷柳川ゆるり旅のフェイスブックページは → コチラ

  ※筑後中部魚市場の公式サイトは → コチラ

 まだ月が煌々と輝く早朝4時30分、かまぼこ処せきやの駐車場に集合。

 受付を済ませ見学者とわかるようゼッケンをつけたら、

 「さむ~~~」とか言いながら魚市場に向かいました。



 今回、ご案内いただいたのは、

 筑後中部魚市場の西山次長さん。

 いろいろ聞いたらいっぱい答えてくれる

 ほんとに詳しい方でした。

 で、西山次長につれられて建物の中に入り市場にと~ちゃ~く♪

 ん? お魚はいっぱい並んでるけど、あまり人がいません。

 なんだか寂しいぞ~~。




 とりあえず見学者ははじっこにつれて行かれて、セリが始まるまでその場待機。

 目の前では、仲買人の皆さんが赤貝やタコを慎重に品定めしています。

 お、プロの仕事。

 こういうのって、見ててわくわくします♪



 で、5時すぎにブザーが鳴り、いよいよセリが始まりました。

 いつの間にか人が増え、独特の節回しでセリが行われます。

 何言ってるか全然わかんないだけど、やっぱりプロの仕事、かっこいいな~♪





 そのうち自由見学可になったんで、

 じゃまにならないよう、いろいろと見てまわりました。

 筑後中部魚市場は福岡、北九州に次ぐ県内3番目に大きな卸売市場。

 毎日約70トンの水揚げがあるそうで、

 クツゾコ、アカエイ、マエビ、タコなど有明海産のものから、

 大村湾でとれたスズキなどなど、

 各地で獲れた魚介類が所狭しと並んでいます。

 タコ、エビ、動いてます。

 アカエイ、口をパクパクやってます。

 でっかいボラ、飛び跳ねて箱から飛び出てます。

 もう活きがいいことこのうえなしです~。





 広い市場内では同時に数カ所でセリが行われ、

 売れた魚をわんさか積んでどんどん台車が運び出す。

 活気があるな~、迫力があるな~、楽しいな~。

 子どもと一緒に大コーフンでございますw






 セリ見学後、市場内の冷凍庫に入れてもらいました。

 小学校の体育館ほどもあるマイナス20度の冷凍庫のなかには、

 箱詰めされた魚介類が積まれてるんだけど、

 なかにはさらにマイナス45℃の冷凍庫が!

 ここはスゴイ、鼻のなかが凍る~~~、すっごい寒い~~~。

 あまりの寒さにもう1分間ももちません。

 冷凍庫の外に出ると皆さん口々に「あったか~い」って言っておられましたw




 セリ見学&冷凍庫体験が終わったら、市場内の小池食堂で朝食。

 なんと、ゆるり旅だけの特別な朝ごはんです。

 でっかいクツゾコの煮付け、浅利が山ほどはいったお味噌汁にエビフライが3匹。

 うま~~~~~~~~~~~~~~い♪

 さすが魚市場の食堂です。

 魚をさばくのが苦手なんで、家ではお肉料理ばっかになっちゃうけど、

 いろんなお魚をみてると料理をおぼえたくなりますねぇ。






 おいしい朝ごはんでおなかいっぱいになったら、

 お魚やイカ、エビを買ったり、活魚の水槽をのぞいたりして、

 今回の水郷柳川ゆるり旅は終了。

 プロの仕事を見ることができた、貴重な体験でした。



 で、気になることがひとつ。

 屋根の上に大きなサギがいたのです。

 サギのエサは魚。

 つまり、隙あらばって、市場の魚を狙ってるんではないかと。

 つぎに西山次長に会ったら、サギが盗んでいくことがないのか聞いてみたいですねぇw


同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
ひのはしら一里塚
荒木屋菓子舗
ツリガネニンジン
夕暮算大BAND@ファンキードッグ
みのう山荘の露天風呂でゆったり。
天満宮。
同じカテゴリー(おでかけ)の記事
 ひのはしら一里塚 (2017-09-16 16:00)
 荒木屋菓子舗 (2017-09-16 15:50)
 ツリガネニンジン (2017-09-10 17:44)
 夕暮算大BAND@ファンキードッグ (2017-09-09 20:00)
 みのう山荘の露天風呂でゆったり。 (2017-09-09 11:00)
 天満宮。 (2017-09-08 12:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。