2017年05月26日

お櫛田さんの鶏すき。



 「博多祇園山笠の直会(なおらえ)で鶏すきが食べられている」という話を聞き、

 西流初寄り後の直会にお邪魔し、鶏すきを見せていただきました。

 山笠の期間は水炊きしか食べないのですが、

 水炊きばかりだとどうしても飽きてしまうので、

 期間以外に何か・・・と考えたところ、宮司さんが鶏すきを提案なさったとか。

 それが5~6年前なんだそうです。


 鶏肉はモモとムネ、内臓は入りません。

 上にのってる黄色いのは鶏脂。

 熱した鉄鍋に鶏脂を塗ってから肉を焼きます。



 野菜等の具材は次のとおり。

  白菜 人参 大根 ごぼう 長ネギ シメジ シラタキ 焼き豆腐 

 火が通りやすいようにという配慮でしょうか。

 人参、大根、ごぼうはピーラーで薄く長くスライスしてあります。

 っていうか、大根が入るのは珍しいです。

 このレシピを決めたのが以前住み込みで働いていた大分出身の方なので、

 その影響かも、とのこと。



 味付けはニビシの「すき焼きのたれ」を使用。

 いろいろ試して、これに落ち着いたらしい。

 「博多のすき焼きは砂糖と醤油なんだけど、これも美味いね」と仰る方も。



 煮立ったら溶き卵にくぐらせていただきます。

 私もご相伴にあずかりましたが、美味かったです♪



 〆はうどんでした。



 ちなみに、お櫛田さんに限らず、神社は四つ足を食べるのはダメ。

 だから水炊きや鶏すきなど、鶏料理になるんだそうです。

 こいつは知らなかった。

 正月の大分合同新聞で宗像の鶏すきと宗像大社の関係が書いてあったけど、

 そういうことなのね、納得。


 櫛田神社の皆さん、西流の皆さん、

 大事な行事なのに快く取材を受け入れていただき、ありがとうございました。

 これからも鶏すきをよろしくお願いします。


同じカテゴリー(九州鶏すき学会)の記事画像
竹川克幸先生。
鶏石神社。
今日が最終日。
ポチっと投票してね。
ポチっと投票してね。
ポチっと投票してね。
同じカテゴリー(九州鶏すき学会)の記事
 なるほどハッケン九州・山口 (2017-05-23 20:05)
 竹川克幸先生。 (2017-05-15 19:00)
 鶏石神社。 (2017-05-15 18:30)
 今日が最終日。 (2017-04-05 20:22)
 ポチっと投票してね。 (2017-04-04 06:00)
 ポチっと投票してね。 (2017-04-03 06:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。