2017年09月23日

姫島のか~ちゃんたちのごはんはうまかった♪



 今日は朝から高速を飛ばして大分農業文化公園へ。

 年に1日だけ開店するお食事処「むかし食堂」で、

 国東半島の先に浮かぶ小さな島「姫島」のお料理をいただいて参りました。

  ※大分農業文化公園の公式サイトは → コチラ

  ※姫島村の公式サイトは → コチラ



 今回ご案内いただいたのは、姫島村婦人会の皆さん。

 まずは料理の見学です。

 婚礼の際には欠かせないという縁起のいい「鯛めん」づくりや、

 姫島の特産「車海老」のフライづくりを見せていただきました。

 姫島の方言がいい感じ~♪









 調理室から和室に移動。

 婦人会の皆さんからご挨拶をいただいたら、

 20名ほどの参加者みんなでいただきま~す♪

 ちなみに食材はすべて姫島産なんだそうです。




 干したカブを味噌ときな粉で和えた「おあえ」



 オーゴ草(オゴノリ)で作った「オーゴの酢味噌」



 骨まで食べられる「小アジの南蛮漬」



 ぷるぷるもちもち「海そうめんの酢のもの」



 みそが濃厚だった「車海老のフライ」



 柔らかく炊いてあった「姫島ひじきの煮物」



 細かくちぎった煮干しを入れた炊き込みごはん「いりこ飯」



 大ぶりのアサリが入った「貝汁」



 ここまで食べたところで、満を持して「鯛めん」が登場。

 お母さん方につぎわけてもらい、美味しくいただきました。

 鯛を炊いた煮汁で茹でたうどんが美味い♪

  ※鯛めんの作り方は → コチラ(大分県公式サイト)







 最後のデザートは、サツマイモでつくった「かんころゆでだんご」。

 サツマイモの自然な甘さでまったり~。



 どのお料理もとっても美味しかったですが、

 それにも増して、お母さんたちがすっごく魅力的。

 姫島のいいところをどんどんアピールしたり、歌や踊りを披露してくれたり、

 ふるさとを想う気持ちがびんびん伝わってくるのです。


 姫島村婦人会の皆さん、ありがとうございました。

 いつかフェリーに乗って、車海老とかカレイとか、

 姫島の美味しいものをいっぱいいただきにいきますね~♪


同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事画像
筑後の和菓子を探っている九州鶏すき学会主任研究員。
池野鶏すき交流会の反省会へ。
資さんうどんのかしわうどん。
糸島そうめんちり
縁むすび屋
鶏すきを深めました。
同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事
 筑後の和菓子を探っている九州鶏すき学会主任研究員。 (2018-01-20 10:42)
 池野鶏すき交流会の反省会へ。 (2018-01-17 19:00)
 資さんうどんのかしわうどん。 (2018-01-17 17:30)
 糸島そうめんちり (2018-01-06 09:30)
 縁むすび屋 (2017-12-30 22:00)
 鶏すきを深めました。 (2017-12-14 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。