2017年11月27日

檀一雄「美味放浪記」読了。



 ジャズが流れるエイトモダンで美味しいコーヒーを飲みながら、

 檀一雄著「美味放浪記」を読む。

 柳川の沖端におられたとのことで、

 シャッパやクチゾコを食べたり、

 鰻を釣って若松屋に売りに行ったり、

 郷土のおかし「ふなやき」がでてきたりと、

 なんだか身近に感じる記述がそこここにありました。


 それにしても、国内ならまだしも国外でも宿も決めず現地にとびこみ、

 美味しいものを求めて安食堂をまわる度胸はうらやましい。

 いつかそんな旅をしてみたいなぁ。


同じカテゴリー(読了。)の記事画像
足立力也ファースト写真集「プラビッシマ!」
山本謙治著「炎の牛肉教室!」読了。
吉田伸夫著「宇宙に「終わり」はあるのか」読了。
吉田健一著「舌鼓ところどころ/私の食物誌」読了。
食は「県民性」では語れない
平茂寛著「聖剣将軍事件帖」
同じカテゴリー(読了。)の記事
 足立力也ファースト写真集「プラビッシマ!」 (2017-12-31 10:00)
 山本謙治著「炎の牛肉教室!」読了。 (2017-12-21 19:00)
 吉田伸夫著「宇宙に「終わり」はあるのか」読了。 (2017-12-17 19:33)
 吉田健一著「舌鼓ところどころ/私の食物誌」読了。 (2017-11-11 21:24)
 食は「県民性」では語れない (2017-11-04 17:45)
 平茂寛著「聖剣将軍事件帖」 (2017-05-27 07:29)

Posted by 朝倉2号 at 13:00│Comments(0)読了。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。