2017年12月01日

矢部屋許斐本家



 八女福島にある慶応元年創業の製茶問屋、

 矢部屋許斐本家で八女茶のお勉強。

 古い道具が残る店内を案内いただきながら、

 釜炒り茶から煎茶に変わった時期、

 庶民が飲んでた日乾茶のこと、

 輸出の盛衰等について教えていただきました。


 で、写真はお茶の品質を鑑定する場所「拝見場」。

 電気のない時代、

 天候に左右されず同じ条件の自然光で

 鑑定できるように作られているんだとか。

 和菓子も深かったけど、八女茶も深いぞ~。



  ※矢部屋許斐本家
   http://www.konomien.jp/



同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
村岡総本舗にお伺いしました。
ドングり。
北野くんち 大福餅 注文承ります
第1回筑後七国和菓子博を開催します。
秀島本店の英彦山バナナようかん。
北野くんち 大福餅 注文承ります
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 村岡総本舗にお伺いしました。 (2018-10-17 18:30)
 ドングり。 (2018-10-17 12:30)
 北野くんち 大福餅 注文承ります (2018-10-16 16:10)
 第1回筑後七国和菓子博を開催します。 (2018-10-16 09:00)
 秀島本店の英彦山バナナようかん。 (2018-10-16 08:00)
 北野くんち 大福餅 注文承ります (2018-10-15 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。