2017年12月06日

久留米まちゼミ「和菓子店と荘島古道めぐり」



 和菓子調査の一環で、

 久留米まちゼミ「和菓子店と荘島古道めぐり」に参加。

 昨年末に閉店された翠屋主水跡を皮切りに、

 あきない通りの萬榮堂、有馬藩御用菓子だった阿わやおこ志本舗、

 創業60余年の釜炊き石橋甘納豆、水天宮御守菓子いつもじの吉金菓舗、

 さらに青木繁旧居までまわる充実の内容でした。









 ただ残念なことに、数をまわるのでひとつひとつが薄い。

 久留米の和菓子の歴史を学びたかっただけに、掘り下げ不足でした。

 次回があるならば、

 ご主人の講義を入れてもらうなど、もっと深めていただきたい。

 それなら参加費2千円でも高くないです。(今回の200円は安すぎw)
 


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
「ちよか」に関する調査報告。
坂田屋沖端店の「まり音」。
正月堂の海苔パイ。
梅花堂越山の黄味しぐれ。
梅花堂越山の「おめでとう」。
大川若津港と筑後地区の近代化
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 「ちよか」に関する調査報告。 (2018-12-16 17:00)
 坂田屋沖端店の「まり音」。 (2018-12-16 14:40)
 正月堂の海苔パイ。 (2018-12-16 14:30)
 梅花堂越山の黄味しぐれ。 (2018-12-16 14:20)
 梅花堂越山の「おめでとう」。 (2018-12-16 14:10)
 大川若津港と筑後地区の近代化 (2018-12-15 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。