2018年01月19日

鹿島市肥前浜宿のふな市へ。



 超早起きして鹿島市肥前浜宿の「ふな市」へ。

 二十日正月に恵比寿様や大黒様にお供えする

 「ふなんこぐい」のための年に一度の市です。

 5時半に到着したんですが、すでにかなりの人出。

 たくさんの方がフナを買い求めておられました。


 3つのふなのお店、それぞれ水槽のなかにはフナがいっぱい。



 フナをかごに入れて・・・、



 量り売りです。

 5千円分で5キロという声が聞こえたので、1キロ千円なんですね。

 ただ、魚を重さで買ったことがないので、高いのか安いのかよくわかりませんw

 お店の方によるとマブナが美味しく、ヘラブナは身が少なくてダメとのこと。

 「うちはマブナしか売らん」っておっしゃってました。



 なぜか錦鯉も売られてました。

 これ、やっぱり食べるんでしょうね~。



 さすがに生きたフナを買っても料理できないので、

 大根やごぼうなどといっしょに炊いたフナの昆布巻き「ふなんこぐい」を購入。

 地元の皆さんは買ったフナを昆布で巻いてひと晩炊き、

 できた「ふなんこぐい」をお供えしてるんでしょうね。



 「ふなんこぐい」もいくつかお店があって、お野菜などが違ってます。

 っていうか、買うときは暗すぎて全く中身を確認できず、

 帰ってから初めて違うっちゃね~って気づいた次第w

 こいつは本家峰松うなぎ屋のもの、2200円。



 こちらはとくなが、2100円(を2000円にまけてもらったw)

 味のしみた大根が超うまそう♪



 地元のお母さん方が手づくりした「ふなんこぐい」もふるまわれてました。

 あつい飴湯もいただき、あたたまりました~♪


 「ふなんこぐい」の他にも、串に刺した焼フナだとか、

 てんぷら屋さん、煮だこ屋さん、うどんや粕汁も売ってて、繁盛してました。

 峰松酒造場のお店「肥前屋」もやってたので、今年の新酒も買い込みました♪



 肥前浜宿のふな市は毎年1月19日、早朝から開催。

 国道207号線の浜川手前を左に折れたところにある

 肥前浜宿まちなみ駐車場を利用するとすぐでしたよ。

 「来年こそ」という方、どうぞご参考に。



 というわけで、今夜の晩酌が楽しみです♪


同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
ばんえい競馬
九州芸文館の広重展。
からくり儀右衛門
デレデレw
みのう山荘。
蝋皿。
同じカテゴリー(おでかけ)の記事
 ばんえい競馬 (2018-02-11 14:00)
 九州芸文館の広重展。 (2018-01-21 12:00)
 からくり儀右衛門 (2018-01-02 15:00)
 デレデレw (2018-01-02 10:50)
 みのう山荘。 (2017-12-02 12:00)
 蝋皿。 (2017-11-19 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。