2018年04月07日

唐饅頭と逸口香



 鯉のあらいを食べつつも、和菓子探究も忘れてません。


 知り合いからいただいた唐饅頭を一緒にボリボリかじりながら、

 佐賀の逸口香と宇和島の唐饅頭の違い、

 佐賀藩から宇和島藩へのお興し入れで伝わった経緯、

 名店楠田製菓の現状などなど、

 村岡社長と和菓子ばなしでしたw


 ちなみに写真は左から木下正月堂(宇和島)の唐饅頭、

 八頭司伝吉本舗(小城)の逸口香、げんき本舗の唐饅頭(黒糖)です。

 よく似てるでしょ♪


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
中村屋の栗大福。
八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。
八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。
八女市本町、きくやの筍山。
八女市本町、きくやの杏仁大福。
菊水堂のかすてら饅頭。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 中村屋の栗大福。 (2018-09-24 16:30)
 八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。 (2018-09-24 16:00)
 八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。 (2018-09-24 15:00)
 八女市本町、きくやの筍山。 (2018-09-24 14:45)
 八女市本町、きくやの杏仁大福。 (2018-09-24 14:30)
 菊水堂のかすてら饅頭。 (2018-09-24 14:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。