2018年04月14日

村岡総本舗主催「羊羹のおいしさ講座」



 昼から小城羊羮の村岡総本舗主催「羊羮のおいしさ講座」に参加しました。

 今日のテーマは寒天・寒天を使った羊羮の製法や歴史。

 水羊羹、朔日羊羹、祇園川(鯉)などと

 嬉野茶、深蒸し宇治茶をいただきながら、楽しく聞き入りました。


 途中、ちょっとだけ時間をいただいて、

 筑後南部の和菓子の魅力を紹介させていただきました。

 もちろん、11月に開催するアレのことも♪


 村岡社長、このような機会をいただき、ありがとうございました。



 相変わらず博識ぶりを発揮する村岡社長の講義も次回が最後かと思うと、

 一抹の寂しさが・・・。
 


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
「ちよか」に関する調査報告。
坂田屋沖端店の「まり音」。
正月堂の海苔パイ。
梅花堂越山の黄味しぐれ。
梅花堂越山の「おめでとう」。
大川若津港と筑後地区の近代化
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 「ちよか」に関する調査報告。 (2018-12-16 17:00)
 坂田屋沖端店の「まり音」。 (2018-12-16 14:40)
 正月堂の海苔パイ。 (2018-12-16 14:30)
 梅花堂越山の黄味しぐれ。 (2018-12-16 14:20)
 梅花堂越山の「おめでとう」。 (2018-12-16 14:10)
 大川若津港と筑後地区の近代化 (2018-12-15 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。