2018年08月25日

道の駅すいかの里うえきで、「ひろす」を発見。



 いわゆる「がんもどき」のことなんだけど、

 じつはこれ、

 フルーツを小麦粉の生地で包んで揚げた南蛮菓子

 「フィリョース」が原型なのです。


 というわけで、「ひろす」の前で、

 子どもに「じつは南蛮菓子で・・・」と語ってたのでした。

 子どももいい迷惑ですねぇw



  ※南蛮菓子と和蘭陀菓子の系譜(中川清)
   http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/17291/spffl058-05.pdf



同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
柳川市大和町皿垣開、雲龍堂の千代川。
八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。
八女市本町、菓子処きくやのさくら餅。
お土産に加藤商店の柳川だんご。
柳川古文書館で。
雲龍堂。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 柳川市大和町皿垣開、雲龍堂の千代川。 (2019-01-13 16:00)
 八女市本町、菓子処きくやの上生菓子。 (2019-01-13 15:30)
 八女市本町、菓子処きくやのさくら餅。 (2019-01-13 15:00)
 お土産に加藤商店の柳川だんご。 (2019-01-12 16:30)
 柳川古文書館で。 (2019-01-12 14:20)
 雲龍堂。 (2019-01-12 14:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。