2019年09月07日

資さんうどんでかしわうどん。



 資さんうどん門松店でかしわうどん。



  ※資さんうどん
   http://www.sukesanudon.com/

  


Posted by 朝倉2号 at 11:00Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年09月01日

2019年09月01日

松屋利右衛門の鶏卵素麺発見♪



 博多駅博多口から入って左にあるお土産屋さん、

 博多銘品蔵で松屋利右衛門の鶏卵素麺を発見。

 販売店がじわじわ増えてるのは嬉しいなぁ。



  ※松屋利右衛門
   https://matsuyariemon.com/

  


Posted by 朝倉2号 at 08:40Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年08月29日

古賀市の郷土料理「さらさら」。



 古賀市役所前の鶏家で久しぶりの九州鶏すき学会。

 イベント参加とリーフレット印刷についてさっさと検討したら、

 いつものお酒のみに突入です。

 名物の焼きラーメン、とろとろの豚足、

 鶏くるぶしの煮付けなどなどをいただき、

 〆はご飯にとり出汁をかけて食べる古賀市の郷土料理「さらさら」。

 はかた一番どりの鶏ふれーくがのった鶏家のさらさら、うま~♪


  ※鶏家
   

http://www.toriya.jp/index.html


  


Posted by 朝倉2号 at 21:00Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年08月25日

石瓦煮



 古賀市青柳にある農産物直売所「コスモス広場」で買ってきた「石瓦煮」。

 親鶏のぶつ切りを、醤油、砂糖、にんにく、唐辛子だけで炊いた

 古賀市の郷土料理です。

 ビールがすすむ~♪
  


Posted by 朝倉2号 at 18:00Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年08月17日

薬王寺温泉鬼王荘の鶏すきランチ。



 古賀市薬王寺、薬王寺温泉の鬼王荘で鶏すきランチ。

 夏らしく、シシトウやハスイモが入った野菜たっぷりの鶏すき、

 あちゃら漬け、ピーナツ豆腐、肝煮の小鉢、

 食後に梅ゼリーとコーヒーもいただきました。

 しあわせ~♪



  ※鬼王荘女将ののんびりブログ
   https://ameblo.jp/oniouso/












  


Posted by 朝倉2号 at 13:00Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年07月27日

福岡共同公文書館で開催された竹川先生の講演に参加。



 福岡の鶏肉・鶏卵の食文化について理解を深めました。

 当日参加の方がかなりいたようで、席が足りなくなるほどの大盛況。

 福岡の食文化、皆さん、興味があるんですね~♪


 ただ、背中から聞こえてくるふたりのおしゃべり。


 「JR二日市駅にからあげ屋さんがあるよね。」

 「持ち帰りだけじゃなくって、

  からあげ定食とか食べられるみたいなんだけど、

  おじさんたちがお酒飲んでるから、奥に入れないのよね(笑)」

 思わず「あ、それ昭和45年創業、福栄組合のからあげ屋さんです。

 はかた地どりを使ってるんですよ。」って言っちゃいそうで、

 抑えるのに苦労しましたw
  


Posted by 朝倉2号 at 14:30Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年07月26日

柳川市隅町の柳川古文書館へ。



 今回は昭和5~7年の柳河新報をめくってきました。



  ※柳川古文書館
   https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/…/komonjo.html

  


2019年07月18日

竹川先生の講演会が開催されます♪



 来週火曜日から福岡共同公文書館で開催される

 企画展「学校給食ヒストリー」。

 この企画展にあわせて、7月27日(土)14時から、

 日本経済大学教授、竹川克幸先生の講演会

 「記録・文献史料にみる福岡県の食文化誌

  ~福岡の鶏肉・鶏卵の食文化を中心に~」が開催されます。


 福岡のかしわ文化をまとめた冊子「かしわ好いとぉ!」の作成に

 多大なるご協力をいただいた竹川先生だけに、

 楽しいお話を聞くことができそうです。

 福岡県の食文化に興味のある方、ぜひご参加ください。


 ただ、参加無料ですが事前申し込みが必要とのこと。

 福岡共同公文書館に電話、ファックス、メール等でお申し込みくださいね。



  ※令和元年度第1回企画展「学校給食ヒストリー」
   http://kobunsyokan.pref.fukuoka.lg.jp/exhibition.php


  ※かしわ好いとぉ!(はかた地どり公式サイトに掲載)
   http://www.hakatajidori.jp/

  


Posted by 朝倉2号 at 20:00Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年06月29日

晩ごはんは、かしわのじゅんじゅん。



 本日は6月29日、肉の日。

 というわけで、晩ごはんは滋賀県湖北地方の郷土料理

 「かしわのじゅんじゅん」です♪


 「じゅんじゅん」とは鍋をじゅんじゅん言わせながら作る料理。

 琵琶湖で獲れたうなぎ、ナマズ、鯉などの魚は、

 最初から鍋に出汁を張りじゅんじゅん言わせながら煮込んで食べ、

 かしわはじゅんじゅん言わせながら焼いて食べるそうです。

 味付けは砂糖と醤油、つまりすき焼き風らしいので、

 とりあえず鶏すきで代用しました。

 いつか滋賀でほんものを食べてみたいです~。

 で、6月の肉の日がなぜ「じゅんじゅん」だったのかは、

 よ~く考えてねw



  ※じゅんじゅん(関西鍋地図)
   https://www.osaka21.or.jp/…/…/…/shiga_junjun.html

  


Posted by 朝倉2号 at 19:30Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年06月22日

小泉武夫先生の特別講演会「伝統食と小城」



 小城市のゆめぷらっと小城で、

 東京農業大学名誉教授にて醸造学者兼発酵学者、

 小泉武夫先生の特別講演会「伝統食と小城」に参加。

 食べものの様子や食感をあらわす擬音語、擬態語がもう独特。

 コリコリ、しこしこはいいとして、

 早口で繰り出すチュルチュル、チュロチュロ、ペトペト、

 ペロンペロン、ブヨンブヨン、〇×△〇×△に会場は笑いの渦にw

 小城の伝統食を踏まえた提案もあったりして、楽しい講演会でした♪



  ※丸ごと 小泉武夫 食マガジン
   https://koizumipress.com/



 〇伝統とは
  ・その地で生きてきた人たちが、心を込めて育ててきたもの。
   芸能、食など。
  ・歴史があること、誇りを持って育ててきた、伝承してきたことが重要。
  ・伝承するためには「伝承する人」が必要。
  ・伝統食は宿場伝いに街道を伝わった。
  ・市民が興味を持って、自ら行動しなければ維持できない。

 〇和食
  ・和食は室町時代に成立。
  ・一汁(いちしる:飯と味噌汁)
   一菜(いちさい:おかず=漬物)で成り立つ。
  ・和食は根茎、菜っ葉、青果、山菜、大豆、海藻、穀物の7品目のみ。
   日本人は基本的に植物食。魚、肉は入っていない。
  ・日本の水は世界一鉄分が少ない=良い水。
   水がいいから米を粒食し、豆腐、そば、緑茶も美味しい。
   和食は水を食べる文化。

 〇小城への提案
  ・小城のさまざまな文化を「清流文化」でまとめてはどうか。
   清水の滝からの清流が育む生態系(魚、虫、鳥)、植生があり、
   魚を釣るための釣り竿職人などもあったはず。
   また、清流ゆえに羊羹、日本酒、緑茶、鯉がある。
   これらを「清流文化」でまとめることで広げりを持つことができる。
  ・全国には、ふな(滋賀県)、はたはた(秋田県)、鮎(和歌山県)、
   サンマ(和歌山県)と魚の熟れ鮓(すし)がある。
   また、中国の雲南省には鯉の熟れ鮓がある。
   小城には名物の鯉料理があるので、鯉の熟れ鮓に取り組んではどうか。
  ・ウグイを米糠と塩で漬けると発酵して汁が出る。
   これが魚醤。鯉料理で出るアラでも魚醤ができるのではないか。
  ・いまは鯉のあらいを辛子味噌で食べるが、
   江戸時代は「煎り酒」で食べていた。
   煎り酒とは日本酒1升に鰹節と梅干をひとつかみ入れて
   4合になるまで土鍋に煮詰め、布で濾して焼き塩で味を整えたもの。
   琥珀色なので醤油のように刺身の色を汚さない。
   この煎り酒を復活させてはどうか。
  ・佐賀では唐辛子がそこそこの量が生産されている。
   全国を見ると唐辛子を発酵させてつくる調味料は新潟のカンズリしかない。
   小城で取り組んでみてはどうか。

  


2019年06月19日

今週末は小城市に出撃予定。



 小泉武夫先生の特別講演会「伝統食と小城」。

 楽しみ~♪



  ※小城商工会議所
   http://www.ogi-cci.or.jp/

  


2019年05月31日

和菓子をおすすめしつつ、福岡のかしわ文化を売り込む。



 ついでに和菓子文化も売り込んだけどw
  


2019年05月15日

KBCサワダデース。



 KBCが1週間にわたりテレビとラジオで

 地域の魅力を伝えまくる「ふるさとWish」。


 古賀市特集3日目の本日は

 「サワダデース」で古賀市のごはんの相棒を紹介。

 まんま実~やの船越さんが

 鶏出汁をごはんにかける「さらさら」を繰り出したかと思えば、

 鶏家の鷹野さんが「はかた一番どり」のムネ肉を

 ひたすら炊いて炒めた「鶏ふれーく」で攻めまくる。

 どっちも旨そうでタマリマセ~ン♪



  ※KBC「ふるさとWish」
   https://kbc.co.jp/wish/

  


Posted by 朝倉2号 at 10:40Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年05月14日

KBCアサデス。に怪しいニワトリ男がw



 KBCが1週間にわたりテレビとラジオで

 地域の魅力を伝えまくる「ふるさとWish」、

 今週は鶏すきのふるさと古賀市特集。


 で、本日は「アサデス。」で鶏すきが紹介されました。

 明日は「サワダデース」で

 鶏出汁をごはんにかけるサラサラが紹介される予定。

 福岡の皆さん、ぜひご覧くださいね♪



  ※KBC「ふるさとWish」
   https://kbc.co.jp/wish/

    


Posted by 朝倉2号 at 07:30Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年05月13日

今週の「ふるさとWish」は古賀市特集♪



 KBCが1週間にわたりテレビとラジオで

 地域の魅力を伝えまくる「ふるさとWish」、

 今週は鶏すきのふるさと古賀市特集。



 で、本日は「シリタカ!」で薬王寺温泉快生館の鶏すきを、

 明日は「アサデス。」で九州鶏すき学会がわいわい食べてるところを、

 明後日は「サワダデース」で鶏出汁をごはんにかけるサラサラを。

 3日連続で古賀市のかしわ文化が紹介されちゃいます。


 福岡の皆さん、ぜひご覧くださいね♪



  ※KBC「ふるさとWish」
   https://kbc.co.jp/wish/

  


Posted by 朝倉2号 at 18:50Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年05月03日

2019年04月06日

+60円でかしわ大盛り。



 今日は列車の旅。

 まずは鳥栖駅名物、6番ホームのかしわうどんで腹ごしらえ。


  ※中央軒
   http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/

  


Posted by 朝倉2号 at 08:40Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員

2019年04月03日

お土産用に松屋利右衛門の鶏卵素麺「ひねり」を購入。




 九州鶏すき学会主任研究員兼和菓子マニア故に、

 この選択になるのですw


 九州福岡おみやげグランプリで受賞した福岡を代表するお菓子、

 松屋利右衛門の鶏卵素麺は、

 福岡空港2階の玉屋でお求めいただけますよ♪



  ※松屋利右衛門
   https://matsuyariemon.com/

  


2019年03月27日

古賀市の郷土料理「石瓦煮」



 かしわを砂糖、醤油、ニンニク、唐辛子だけで炊いた

 古賀市の郷土料理「石瓦煮」。

 こいつも旨い♪



  ※まんま実~やの船越さん
   https://www.asubaru.or.jp/92458.html

  


Posted by 朝倉2号 at 19:30Comments(0)九州鶏すき学会主任研究員