2018年03月10日

鶴屋文書。

鶴屋文書。

 丸ぼうろのような皮のなかに白あんが入った

 大牟田名菓「かすてら饅頭」は、

 明治18年の御菓子処菊水堂が始まりとされています。

 しかしあるとき、村岡総本舗の村岡安廣社長から、

 もっと古い「かすてら饅頭」の記録が、

 鶴屋に江戸時代から伝わる「鶴屋文書」にあるとの

 情報をいただいたのです。


鶴屋文書。

 そこで本日、佐賀市西魚町の御菓子司鶴屋にお邪魔し、

 その真偽を確かめて参りました。


  ※御菓子司鶴屋
   http://www.marubouro.co.jp/

鶴屋文書。

鶴屋文書。

 4冊ある鶴屋文書をめくり、

 そのなかの「諸願書御菓子日記帳」に

 明治弐年の「大粕亭ら饅頭」を発見!

 これにより村岡社長が仰るとおり、

 鶴屋の方が古いのが確認できたと思いきや、

 そうは問屋がおろしません。

鶴屋文書。

 明治十九年の「粕亭ら饅頭」を見ると

 白砂糖、たまご、麦粉しか使っておらず、

 肝心の餡がないのです。

 それが餡なしの饅頭であることを示すのか、

 それともわざと餡を書いてないのかわかりませんが、

 とりあえず、鶴屋文書の「粕亭ら饅頭」と大牟田の「かすてら饅頭」は、

 名前が同じでもモノが違う可能性が残ります。

 つまり、「かすてら饅頭」の元祖は

 鶴屋文書でも確認することができなかったのです。

 というわけで、

 大牟田名菓「かすてら饅頭」の元祖探しは、これからも続きます。

 どこを探したらいいのか、さっぱり見当もつきませんけど~w


 最後になりましたが、突然の申し出に快く応じて下さった鶴屋の皆さん、


 本当にありがとうございました。

 焼きたての丸ぼうろ、美味しかったです~♪

鶴屋文書。



同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
出逢い。
わたや菓舗の銅銭糖。
江田島塩羊羹。
但馬屋老舗の「豊後はるていす」。
但馬屋老舗の三笠野。
川口自由堂の三笠野。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 出逢い。 (2019-09-19 20:00)
 わたや菓舗の銅銭糖。 (2019-09-18 10:00)
 江田島塩羊羹。 (2019-09-18 09:00)
 但馬屋老舗の「豊後はるていす」。 (2019-09-17 09:30)
 但馬屋老舗の三笠野。 (2019-09-17 09:20)
 川口自由堂の三笠野。 (2019-09-17 09:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。