2019年06月05日

大坪藤代著「長崎の菓子甘味のちゃんぽん文化」読了。

大坪藤代著「長崎の菓子甘味のちゃんぽん文化」読了。

 平成14年に九州労金長崎県本部が発行したブックレットの1冊。

 牛嶋さんから、柳川にもある和菓子「千代香」について書いてあると聞き、

 定価500円を、送料込み1680円で古本屋から購入しました。


 で、ちょっと高かったけど、買ってよかった。

 長崎の独特の菓子文化が詳しく書いてあるし、

 なにより江戸時代の平戸に千代香があったのを確認できたし~♪


 1846年の平戸藩で完成した本「百菓之図」の「編笠饅頭」が千代香のこと。

 「右元銘ちよかわまんじゅう 但中にねりあんを入れ、

  皮かすていら地にして右の様に出来仕り事」

 と説明があるそうなので間違いないでしょ。

 さらに今回のブックレットには載ってなかったんだけど、

 百菓之図にはカラーの図版も掲載されているようなのです。


 む~、百菓之図、見てみたいぞ~~~。


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
御菓子処やかべ
村岡総本舗のシベリア。
宇美八幡宮の子安のハト豆
島屋の松ヶ枝餅。
宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪
宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 御菓子処やかべ (2020-02-28 13:10)
 村岡総本舗のシベリア。 (2020-02-24 13:00)
 宇美八幡宮の子安のハト豆 (2020-02-24 12:30)
 島屋の松ヶ枝餅。 (2020-02-22 14:40)
 宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪ (2020-02-22 13:10)
 宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪ (2020-02-22 13:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。