2019年07月17日

佐藤奨平編著「和菓子企業の原料調達と地域回帰」読了。

佐藤奨平編著「和菓子企業の原料調達と地域回帰」読了。

 和菓子産業の構造、特に原料調達について調査分析し、

 国内の産地との結びつきや、

 和菓子企業自体が原料生産に取り組む事例を紹介している本でした。


 考えさせられたのは、原料原産地表示の義務化。

 例えば、きな粉の原料を「国産大豆」ではなく、

 「福岡産大豆」と表示することも可なので、

 生産者側としてはそこで産地のアピールができる。

 ただ、不作で原料が不足して産地を他県産に変えると

 包装紙等を作り直すコストが発生するので、

 詳しい産地表示には和菓子店は二の足を踏むことに。

 加工品の原産地表示で産地をアピールするためには、

 これまで以上に生産量の安定が求められるようになると感じながら、

 ページをめくってました。


 こういう法律の改正で、産地にも影響がでてくるなぁ。


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
村岡総本舗のシベリア。
宇美八幡宮の子安のハト豆
島屋の松ヶ枝餅。
宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪
宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪
昭月堂へ。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 村岡総本舗のシベリア。 (2020-02-24 13:00)
 宇美八幡宮の子安のハト豆 (2020-02-24 12:30)
 島屋の松ヶ枝餅。 (2020-02-22 14:40)
 宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪ (2020-02-22 13:10)
 宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪ (2020-02-22 13:00)
 昭月堂へ。 (2020-02-21 12:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。