2019年10月26日

函館千秋庵総本家の中花饅頭(小)

函館千秋庵総本家の中花饅頭(小)

 福岡三越の「北海道の物産と観光展」で購入した

 函館千秋庵総本家の中花饅頭(小)。

 福岡県柳川市や長崎県で「千代香」と呼ぶお菓子の仲間ですが、

 大きさが段違いですねぇ。

 柳川や長崎の20~50gに対し、千秋庵総本家は114gと倍以上。

 これで「小」ですから驚きです。(大は160gくらいあるらしいw)


 店員さんによると、もともと葬式饅頭として使われていたものとのこと。

 新潟でもそういう習慣があるらしいので、

 北海道には新潟から伝わったのかもしれません。

 ちなみに新潟では「千代華」「中華」「中皮」などと表記します。

 音はほぼ一緒で表記がぶれる、おもしろいでしょw



 〇千秋庵総本家

  北海道函館市宝来町9-9
  0138-23-5131
  http://www.sensyuansohonke.co.jp/
  ・中花饅頭(小)
  ・231円(込:福岡三越催事)
  ・114g
  ・長さ13.7cm 幅6.5cm 厚さ3.3cm
  ・こしあん

函館千秋庵総本家の中花饅頭(小)

函館千秋庵総本家の中花饅頭(小)


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
村岡総本舗のシベリア。
宇美八幡宮の子安のハト豆
島屋の松ヶ枝餅。
宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪
宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪
昭月堂へ。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 村岡総本舗のシベリア。 (2020-02-24 13:00)
 宇美八幡宮の子安のハト豆 (2020-02-24 12:30)
 島屋の松ヶ枝餅。 (2020-02-22 14:40)
 宇美八幡宮境内の茶房うみはちで抹茶セット♪ (2020-02-22 13:10)
 宇美八幡茶屋の子安餅をいただく♪ (2020-02-22 13:00)
 昭月堂へ。 (2020-02-21 12:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。