2019年11月26日

博多寿改良軒の博多名物かしわめし。

博多寿改良軒の博多名物かしわめし。

 お昼ごはんは、山際先生監修のもと復活した博多駅の駅弁、

 博多寿改良軒「博多名物かしわめし」。

 大きな鶏肉がのったかしわめしにがめ煮、

 高菜漬けも入ってて大満足です♪

 それにも増して嬉しかったのはお弁当に添えられたしおり。

 黒田藩に遡る福岡のかしわ文化、

 太宰府市北谷の伝統製法の再現などが書かれおり、

 他の駅弁にはないこだわりぶりです。

 博多寿改良軒の「かしわめし」への思い入れの強さが感じられますね~。

博多寿改良軒の博多名物かしわめし。


 福岡郷土の味「かしわめし」


  このたび、明治29年創業の博多鉄道構内営業有限会社博多駅寿軒

 三代目社長、永末直行氏より暖簾継承を託され、

 「博多寿改良軒」が長年の人気商品「かしわめし」を

 復刻販売することとなりました。


  全国的にみても福岡は鶏肉(かしわ)好きの多い地域です。

 江戸時代初期に黒田藩が江戸や大阪への

 献上品や特産品として鶏卵生産を振興し、

 結果として福岡には鶏肉を使った郷土料理が数多く伝わっています。

 正月やお祭りに欠かせない「がめ煮」(筑前煮)、「水炊き」。

 また、「焼鳥屋」も日本有数の店舗数を誇ります。


  特に産卵後の親鶏を使って作られる「かしわめし」は多くの人に好まれ、

 寄り合いや行事には必ず作られるほど、福岡では馴染みの深い食文化です。


  「古くて良いものは常に新しい」という

 永末直行氏の駅弁に対する思いを受け継ぎ、

 博多の料理研究家 山際千津枝先生の監修によってリニューアルし、

 故きを温めながら新しき味として仕上げました。


  今回の「かしわめし」は


 福岡県太宰府市北谷に伝わる伝統的な作り方を

 出来るだけ忠実に再現することに努め、

 九州産親鶏の歯ごたえと旨味が特徴です。


  明治の代から脈々と受け継がれてきた博多寿軒の精神を継承した

 博多寿改良軒謹製「かしわめし」が、

 福岡のソウルフードとして皆様にご愛顧賜り、

 福岡の旅の思い出に華を添える一品になることを願っております。



同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事画像
晩ごはんは鶏すき♪
古賀市役所前の鶏家で九州鶏すき学会の作戦会議。
尾崎正利著「Q&Aでよくわかる知識ゼロからの農産加工入門」
古賀中学校で開催した鶏すき授業の2日目。
古賀中学校で鶏すき授業。
筑前朝倉伝統料理 蒸し雑煮
同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事
 晩ごはんは鶏すき♪ (2020-02-24 19:00)
 古賀市役所前の鶏家で九州鶏すき学会の作戦会議。 (2020-02-20 20:00)
 尾崎正利著「Q&Aでよくわかる知識ゼロからの農産加工入門」 (2019-12-18 19:00)
 古賀中学校で開催した鶏すき授業の2日目。 (2019-12-04 11:00)
 古賀中学校で鶏すき授業。 (2019-12-03 12:00)
 筑前朝倉伝統料理 蒸し雑煮 (2019-12-02 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。