2020年07月17日

森岡毅氏著「苦しかったときの話をしようか」読了

森岡毅氏著「苦しかったときの話をしようか」読了

 経営危機のUSJをV字回復させた立役者、森岡さんが、

 進路に迷う自分の娘のために書いた虎の巻。

 進むべき道をどう選ぶのか、

 自分の強みは何なのか、

 その強みをどうやって磨くのか、

 とうに折り返し地点は過ぎちゃってるけど、

 自分がこれから仕事をしていく上で、

 今さらながら大変参考になりました。

 っていうか、ウン十年もさかのぼるけど、

 高校時代にこんな本に出会ってたらな~w

 とりあえず、

 そんな年代のまっただなかにいる我が子に読ませたいと思います。

 頑張って生きてくれよ~。


  ※森岡毅氏著「苦しかったときの話をしようか」
   https://www.diamond.co.jp/book/9784478107829.html



同じカテゴリー(読了。)の記事画像
平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。
旅行読売出版社「駅麺紀行」
星野之宣著「宗像教授伝奇考」
八尾啓介編「外来食文化と日本人」
福津暮らしの旅運営委員会「福津の暮らし旬ごはん」
写真でたどる三池炭鉱専用鉄道の略歴と機関車
同じカテゴリー(読了。)の記事
 平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。 (2021-10-16 22:15)
 旅行読売出版社「駅麺紀行」 (2021-04-10 13:30)
 星野之宣著「宗像教授伝奇考」 (2020-11-21 09:30)
 八尾啓介編「外来食文化と日本人」 (2020-10-08 06:00)
 福津暮らしの旅運営委員会「福津の暮らし旬ごはん」 (2020-09-22 10:00)
 写真でたどる三池炭鉱専用鉄道の略歴と機関車 (2020-09-22 09:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。