2020年09月18日

関裕二氏著「縄文文明と中国文明」読了。

関裕二氏著「縄文文明と中国文明」読了。

 独学で日本古代史の研究を続ける関裕二氏著「縄文文明と中国文明」読了。

 いまも日常にある縄文文化の痕跡、多神教と一神教など、

 日本人の由来を解き明かしていく本でした。

 邪馬台国畿内説が残念だけどw


  ※関裕二著「縄文文明と中国文明」


同じカテゴリー(読了。)の記事画像
平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。
旅行読売出版社「駅麺紀行」
星野之宣著「宗像教授伝奇考」
八尾啓介編「外来食文化と日本人」
福津暮らしの旅運営委員会「福津の暮らし旬ごはん」
写真でたどる三池炭鉱専用鉄道の略歴と機関車
同じカテゴリー(読了。)の記事
 平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。 (2021-10-16 22:15)
 旅行読売出版社「駅麺紀行」 (2021-04-10 13:30)
 星野之宣著「宗像教授伝奇考」 (2020-11-21 09:30)
 八尾啓介編「外来食文化と日本人」 (2020-10-08 06:00)
 福津暮らしの旅運営委員会「福津の暮らし旬ごはん」 (2020-09-22 10:00)
 写真でたどる三池炭鉱専用鉄道の略歴と機関車 (2020-09-22 09:00)

Posted by 朝倉2号 at 06:00│Comments(0)読了。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。