2021年04月10日

旅行読売出版社「駅麺紀行」

旅行読売出版社「駅麺紀行」

 全国の鉄道駅にある47軒の“駅麺”を紹介する

 旅行読売臨時増刊です。

 “駅麺”といっても、そば、うどん、きしめん、ラーメンと様々。

 さらに地域によってスープに使用する醤油が違い、

 お店によってトッピングも違う。

 こんな本を読むと“駅麺”を食べるため、

 全国を旅してまわりたくなりますね~。


  ※旅行読売出版社「駅麺紀行」21年04月


 で、この本でも取り上げられた、小倉駅や鳥栖駅のかしわうどん。

 この他にも折尾駅や博多駅にもかしわうどんがあって、

 「鹿児島本線=かしわうどん本線」なんだけど、

 でも、かしわうどんを提供している地元のうどん屋さんはごく一部。

 地域の食文化を背景にしつつも、

 独自に発展してきた「駅麺文化」ということかと。


同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事画像
ちょっと福岡行ってきました!
福岡県の郷土料理が紹介されています。
福岡県では、なぜ鳥料理が多く食べられる?
鳥栖駅名物かしわうどん。
KBC「シリタカ」でも。
九郎丸の地鶏ごはん。
同じカテゴリー(九州鶏すき学会主任研究員)の記事
 ちょっと福岡行ってきました! (2021-08-14 20:30)
 福岡県の郷土料理が紹介されています。 (2021-04-29 08:00)
 福岡県では、なぜ鳥料理が多く食べられる? (2021-04-03 16:00)
 鳥栖駅名物かしわうどん。 (2021-04-03 08:00)
 KBC「シリタカ」でも。 (2021-02-09 18:47)
 九郎丸の地鶏ごはん。 (2021-02-09 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。