2021年10月16日

平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。

平茂寛の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。

 10月10日に発売されたばかり、

 岡山県津山市在住の歴史小説家、

 平茂寛先生の最新作「初花 斬剣のさだめ」読了。

 美しき剣の魔性、初花と、初花に寄りそう駿一郎と多聞。

 次の展開が気になってどんどんページをめくり、

 気が付いたら最終ページなんですよね。

 平茂先生、あいかわらずのスピード感です。

 それにしても、今回は和菓子。

 でっかい大福、みたらし団子、しるこ、かりんとうなどなど、

 多聞さんは私の前世かと思うくらい食べまくってるし、

 さらに江戸城内での嘉祥まで。

 次はナニ食べる?

 お、ふのやきまで出てきた♪

 って、ストーリーとは別のとこでひっかかってたりしてw

 というわけで、平茂先生の最新作「初花 斬剣のさだめ」、

 今回もオススメです~♪


  ※早川書房 平茂寛著「初花」


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
お届けしました。
焼きたて山田饅頭。
川端ぜんざい。
御菓子司 甘養亭河喜の身延まんじゅう。
黒川製菓の銅鑼焼。
岩田屋餅菓子店の「栗上用」。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 お届けしました。 (2021-11-27 17:00)
 焼きたて山田饅頭。 (2021-11-27 15:00)
 川端ぜんざい。 (2021-11-23 13:00)
 御菓子司 甘養亭河喜の身延まんじゅう。 (2021-11-21 10:00)
 黒川製菓の銅鑼焼。 (2021-11-21 09:45)
 岩田屋餅菓子店の「栗上用」。 (2021-11-21 09:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。