2018年07月25日

平川ようかん。



 食後のデザートは炎天下、バスを待ちながら食べる平川ようかん。

 まんなかにスッと引かれた赤い線が楽しい。


 玖珠町北山田平川、

 瀧神社で行われる滝の市で昔から売られていたという平川ようかん。

 こいつを見つけた瞬間にピンときたんだけど、

 生地の原料はうるち米で、佐賀県唐津市のけいらん、

 熊本県山鹿市の山鹿ようかんと同じく朝鮮系のお菓子です。

 なぜ朝鮮系のお菓子が玖珠町にあるのかナゾだけど、

 考えるだけでわくわくします。

 和菓子の世界、奥が深いなぁ。



同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
「ちよか」に関する調査報告。
坂田屋沖端店の「まり音」。
正月堂の海苔パイ。
梅花堂越山の黄味しぐれ。
梅花堂越山の「おめでとう」。
大川若津港と筑後地区の近代化
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 「ちよか」に関する調査報告。 (2018-12-16 17:00)
 坂田屋沖端店の「まり音」。 (2018-12-16 14:40)
 正月堂の海苔パイ。 (2018-12-16 14:30)
 梅花堂越山の黄味しぐれ。 (2018-12-16 14:20)
 梅花堂越山の「おめでとう」。 (2018-12-16 14:10)
 大川若津港と筑後地区の近代化 (2018-12-15 17:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。