2021年07月23日

和菓子・ケーキ神戸屋製菓。

和菓子・ケーキ神戸屋製菓。

 平戸市生月町の和菓子・ケーキ神戸屋製菓へ。

 平戸に行っても行動パターンは変わらないw


  ※和菓子・ケーキ神戸屋製菓(平戸市生月町)

 店内に入ると、

 ショーケースは空っぽで、丸房露が数枚あるだけ。

 なんでもこの時期はお盆用のお菓子を作るので、

 ケーキは作らないとのこと。

 「お盆用のお菓子って落雁ですか?」って聞くと、

 出てきたのは高さ20cm、直径10cm、

 円筒形をした「げんじとう」でした。

和菓子・ケーキ神戸屋製菓。

 砂糖を熱して溶かして木型に入れて、

 固まったら色を塗る。

 なかは空洞。

 これって「金花糖」と同じ作り方じゃないですか~。

 この地域では、この「げんじとう」をお盆の時期に買って

 仏壇に置いて1年間お供えし、

 次のお盆に買い替えるんだそうです。

 ちなみに「げんじとうは源氏糖ですか?」と聞いたところ

 「さあ?皆さんはそう書いているようですが。」

 とのことでしたw


同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事画像
和菓子処泉屋。
濱崎屋の豊前名菓寒菊。
御菓子処やかべの「珈琲まんじゅう 傍ら」。
御菓子司鹿の子の丸方露。
大塚菓子舗の「着せ綿」と「宵待草」。
古町商店街の大塚菓子舗。
同じカテゴリー(和菓子とお茶)の記事
 和菓子処泉屋。 (2021-09-25 10:00)
 濱崎屋の豊前名菓寒菊。 (2021-09-22 07:00)
 御菓子処やかべの「珈琲まんじゅう 傍ら」。 (2021-09-21 11:30)
 御菓子司鹿の子の丸方露。 (2021-09-21 06:30)
 大塚菓子舗の「着せ綿」と「宵待草」。 (2021-09-20 11:00)
 古町商店街の大塚菓子舗。 (2021-09-19 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。