2022年06月24日

福岡愛育福祉会玄海第一育成園「さつま芋チップス」


 商品名/さつま芋チップス
 名称/かりんとう
 原材料/さつまいも(国産)、上白糖、黒ごま、植物油
 内容量/35g
 製造者/福岡愛育福祉会玄海第一育成園(福岡県糸島市志摩小金丸2401-56)
 形状/スライス
 トレイ/なし
 購入店/makii 天神TOIRO店
 価格/150円(外)
 その他/常温、シリカゲル(乾燥剤)封入

  


Posted by 朝倉2号 at 18:00Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月24日

オーサワジャパン「オーサワのほしいも」


 商品名/オーサワのほしいも
 名称/干しいも
 原材料/さつまいも(紅はるか 国産)
 内容量/30g
 販売者/オーサワジャパン(株)(東京都目黒区東山3-1-6)
 製造者/株式会社田中建設(静岡県浜松市北区引佐町黒渕94-1)
 形状/スライス
 トレイ/あり
 購入店/makii 天神TOIRO店
 価格/250円(外)
 その他/常温、ネオシールドZ(脱酸素剤)封入、

  


Posted by 朝倉2号 at 17:45Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月24日

陽「紅はるか干し芋」


 商品名/紅はるか干し芋
 名称/干し芋
 原材料/さつまいも(紅はるか(鹿児島県)
 内容量/120g
 製造者/(株)陽(宮崎県東臼杵郡門川町南町4-72)
 形状/スライス
 トレイ/あり
 購入店/makii 天神TOIRO店
 価格/370円(外)
 その他/常温、ネガモールド(脱酸素剤)封入、天日干し

  


Posted by 朝倉2号 at 17:30Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月24日

こだわりの味協同組合「有機干し芋」


 商品名/-
 名称/有機干し芋
 原材料/有機さつまいも(国内産)
 内容量/110g
 販売者/こだわりの味協同組合(静岡県静岡市駿河区広野2-17-15)
 製造者/(株)健康ファーム(京都府綾部市睦合町小山ノ下60)
 形状/スティック
 トレイ/なし
 購入店/makii 天神TOIRO店
 価格/500円(外)
 その他/常温、キーピット(脱酸素剤)封入、紅はるか、天日干し

  


Posted by 朝倉2号 at 17:15Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月24日

芋屋蜜の月「紅はるか干し芋」


 商品名/紅はるか干し芋
 名称/干し芋
 原材料/さつまいも(紅はるか 千葉県産)
 内容量/200g
 販売者/芋屋 蜜の月(岡山県倉敷市浜の茶屋230-1)
 製造者/(有)土井清商店(千葉県香取郡多古町御所台191)
 形状/スライス
 トレイ/あり
 購入店/博多阪急地下食品売り場
 価格/800円(外)
 その他/常温、エージレス(脱酸素剤)封入
 
  


Posted by 朝倉2号 at 17:00Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月24日

地島応援団へのお誘い@九州共立大学


 宗像市鐘崎漁港の沖に浮かぶ「地島(じのしま)」。

 この地島を応援する地島応援団で、

 いつの間にやら特産品開発・販路開拓を担当しておりますw

 で、本日、特産品開発の支援をお願いするため、

 九州共立大学地域連携推進センターの山田先生を訪ねてきました。


  ※九州共立大学(北九州市八幡西区)

 
 集まってくれたのはスポーツ学科の山田ゼミを中心に、

 ボランティアに興味のある13名の学生さん。


 まずは事務局から

 「若者や島外の力を借りて行う持続可能な地島の地域づくり」

 について説明。

 今年が2回目となった地島のさつまいも栽培を紹介しました。


  ※読売新聞
   「宗像・地島でサツマイモ栽培のセカンドシーズンがスタート」


 ひとりだけ地島をよ~く知ってる男の子がいて心強いです。


 

 



 続いて、特産品開発・販路開拓担当から、

 さつまいもの収穫や干しいもづくりのお手伝いを依頼します。


 地島のさつまいもで、なぜ「干しいも」なのか。

 現在は宗像では作られていませんが、

 いろいろと調べてみると、

 さつまいもをスライスして干した

 「かんころ」がつくられていたことがわかりました。


  ※西日本の甘藷の切干しの呼称と分布状況(日本調理科学会誌)


  ※むなかた電子博物館「かんころ切り」


 つまり、地島での干しいもづくりは、単なる特産品開発ではなく、

 「干しいも復活プロジェクト」なのです。

 



 干しいもを知らない学生さん用に準備した、

 試食用の干しいもも、2キロがなくなっちゃうほど大好評。

 地島を応援するサークル

 「KKU地島応援サポート隊」を立ち上げることも決まったし、

 学生さんたちは干しいもの商品開発に興味津々だったし、

 今年の地島は去年以上に賑やかになりそうです♪
  


Posted by 朝倉2号 at 10:00Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月12日

お世話になりました。


 80をこえても「老後のために」とトラクターを乗りまわし、

 SNSで情報発信する久徳スミ子さんにお話しを伺う。

 もうパワフル。

 元気。

 Aコープでもスマホ決済らしいw

 で、お土産に手づくりのあくまきを。


 スミ子さん、お世話になりました。

 ありがとうございました~♪


  ※久徳スミ子さん(かごしまシニア応援ネット)
  


Posted by 朝倉2号 at 11:30Comments(0)おでかけ宗像・地島応援団

2022年06月12日

しあわせな朝ごはん。


 おいしいごはんに、たけのこがいっぱい入った

 “さつまみそ美人”仕様のおいしいお味噌汁。

 しあわせな朝ごはん。


  ※Helloさつま(鹿児島県さつま町)
  


Posted by 朝倉2号 at 07:30Comments(0)宗像・地島応援団

2022年06月12日

アジサイ。


 昨夜の雨で洗われ、色鮮やかなアジサイ。
  


Posted by 朝倉2号 at 07:00Comments(0)花鳥風月宗像・地島応援団

2022年06月12日

おさんぽ。


 早起きしてさつま町のたんぼのなかをおさんぽ。
  


Posted by 朝倉2号 at 06:45Comments(0)花鳥風月宗像・地島応援団

2022年06月12日

さつま狂句。


 毎週日曜日、朝6時05分から放送の

 「さつま狂句」が面白すぎる。

 ふりがながなければ漢字が読めんし~。

 やっぱり早起きは三文の得ですw


  ※MBCテレビ「さつま狂句」
  


Posted by 朝倉2号 at 06:15Comments(0)おでかけ宗像・地島応援団

2022年06月11日

きららの楽校。


 雨のなかでもファミリーキャンプイベントで超盛り上がる

 「うましき里 きららの楽校」で晩ごはん。


  ※きららの楽校(さつま町)
  


Posted by 朝倉2号 at 20:00Comments(0)街の景色宗像・地島応援団

2022年06月11日

堀之内酒店。


 鹿児島県薩摩郡さつま町の堀之内酒店。

 見たことのない焼酎がずらりと並び、

 冷蔵庫には北海道はノースプレインファームの

 有機JAS認証チーズ。

 正しいお酒屋さんだ♪


  ※堀之内酒店
  


Posted by 朝倉2号 at 18:15Comments(0)街の景色宗像・地島応援団

2022年06月11日

けせんだんご。


 だんご粉とあんを混ぜて練り、

 殺菌効果があるけせん(肉桂)の葉で

 はさんで蒸す「けせんだんご」。

 存在は知ってたけど、

 思いがけない出会いに感動もひとしお。


  ※けせんだんご(かごしまの食ウェブサイト)

  


2022年06月11日

たからべの山村を歩く。


 鹿児島県曾於市財部町の山村を歩く。


 薬師堂にお参り。





 清流に棲むヘビトンボの幼虫を捕らえて満足気なサワガニ。


  


Posted by 朝倉2号 at 15:30Comments(0)街の景色宗像・地島応援団

2022年06月11日

地島応援団でサツマイモの勉強会。


 鹿児島県曽於市財部町で

 「大切な誰かと一緒に食べたくなる」焼き芋づくりをしている

 育家(はぐハウス)の「とっくん」と「さとっち」を訪問。

 サツマイモづくりを教わりました。

 宗像市鐘崎沖に浮かぶ地島(じのしま)で、

 美味しいサツマイモを育てるためのお勉強です。


  ※はぐハウス







  


Posted by 朝倉2号 at 14:00Comments(0)おでかけ宗像・地島応援団

2022年06月11日

粋工房の手づくりグラス。


 お土産は粋工房の手づくりグラス。

 アワビの貝殻から生まれた爽やかなスカイブルー

 「金の岬天色(あお)」が美しい。


  ※粋工房(福岡県宗像市)
  


Posted by 朝倉2号 at 12:00Comments(0)おでかけ宗像・地島応援団

2022年06月11日

お母さん手づくりのあくまき。


 お母さん手づくりのあくまき。

 ぷるぷるねっとり♪


  ※あくまき(かごしまの食ウェブサイト)
  


2022年04月09日

ハルト海鞘。


 「今日はお祝いだから」と、

 鐘崎のお正月に欠かせないホヤをいただきました。

 これ、東北や北海道で皮をむいて中の身を食べる

 「真海鞘(まぼや)」とは別品種の

 「ハルト海鞘(はるとぼや)」。

 しかも、夏のうちに獲り、硬い皮の部分を糠塩に漬け、

 12月になったらさらに味噌に漬け込むという、

 手間暇がかかったごちそうです。

 もう感動♪
  


Posted by 朝倉2号 at 12:45Comments(0)宗像・地島応援団

2022年04月09日

海の幸。


 宗像市は鐘崎漁港、漁師さんの加工場でお食事会。

 ヒラマサのお刺身、鯛の煮付け、栄螺の麹漬けなどなど、

 目の前の海で獲れたものをたらふくいただく。

 しあわせ♪
  


Posted by 朝倉2号 at 12:30Comments(0)宗像・地島応援団